your mentor - あなたのキャリアメンター

「仕事」×「学び」×「モチベーション」=あなたの充実したキャリア

モチベーション

仕事のモチベーションが上がる名言⑧ 星野佳路(経営者)

更新日:

私は完璧主義者だと自覚していますが、当時は自分だけでなく、人にも厳しくなっていたと思います。それがチーム全体の不協和音につながり、居心地の悪い場所になってしまったことがありました。

そのとき、監督が言った言葉が「他人には6割で良しとしろ」。そいういった発想がなかったので、転換点になった一言でした。自分の中にない概念だったので、徐々に変えていくというよりは、全然違う世界に移動するという感覚で、考え方を変えることができました。

今では、6割どころか3割程度で人に接している気がします(笑)。そうでなければ、スタッフがついてきません。

 

星野佳路 星野リゾート代表 「HOW I WORK」 lifehacker 2019.01.08より

 

lifehackerの「HOW I WORK」という記事で出会った言葉です。

 

これは今、とても響く言葉です。私もどちらかというと、完璧主義を目指すタイプに近く、自分はもとより、他人にもそれを求めてしまう時があります。仕事に真剣にあってもいい、つき詰めて考えるのもいい、ただ、それはまず自分の中で完結すべきで他人にそれを求めすぎてはいけないという考えに至りつつあります。

 

広い心で許容するという心持ちが必要だろうと思いなおしました。ある分野では自分はそれが得意かもしれないが、他の分野では立場が逆転することはいくらでもあります。チームを引っ張っていく時に「許容」、「受け容れる」という意識と行動は非常に大切で、これが謙虚に、自然にできるようになった時にチームは生産性の向上とともに本物になり、リーダーも成熟近づいているのかもしれません。

 

一時期は「マキャベリズム」に代表されるようなコントロール思考の有効性にも着目したことがありますが、今日の言葉にあるような「許容」によるリーダーシップの方がやはり、人間らしいというか、他の人、自分も含めて幸せに働けるのではないかという考えに至っています。

 

この言葉にも色々と教えと気づきをもらえます。

-モチベーション

Copyright© your mentor - あなたのキャリアメンター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.