your mentor - あなたのキャリアメンター

「仕事」×「学び」×「モチベーション」=あなたの充実したキャリア

キャリア 仕事

「会社は学びの最高の場である!」会社をもっと正しく活用する

投稿日:

こんにちわ。今日は、「会社がお金をもらって学ぶことができる、というとても恵まれた環境である」という話です。普通会社と言うと働いてその対価として賃金をもらうということが一般的です。確かにそういう側面もありますか、一方でお金を貰いながら、仕事や業務を通じて、知識や経験も得ることができると言う学びの場としての会社の位置づけもあります。

 

お金をもらいながらかつ成長もできると言う非常においしい状況を与えてくれるのが会社のもう一つの側面でもあるのです。こう考えると少し会社の見え方が違ってきませんか?

 

1.  仕事や業務こそが成長の源

普段、私たちは目の前の仕事や業務、タスクに追われ、仕事が本当に自分の成長につながっているのかなかなか確認しづらいのが普通だと思います。そして、忙しさの中でついつい自分をすり減らし、達成感もない中で苦しんでいる人も多いと思います。

 

過去の自分もそうでしたが、目的もないままに仕事を続けると言うことはなかなかつらいものがあります。確かに、お金をもらうと言う事は働くことの目的の1つでしょうが、お金のためだけに自分の大切な時間を差し出すと言うのは充実した人生とは言い難いものがあります。

 

では、何を目的に仕事をするのか。人それぞれいろんな考えがあって目的を持って働いていると思いますが、自分にとってとても大切なことの1つは、仕事が将来の自分の成長につながるか、という目的です。成長にはいろいろな見方があります。思考法やプレゼンテーションの技術など直接業務に役立つスキルもあります。

 

人によっては仕事によって得られる人格や人間的な成長に重きを置く人もいると思います。成長の中身は人それぞれあって構わないと思いますが、日々の仕事や業務の中にこれらの成長につながるチャンスが多く眠っているという事実に気づくことで、私の場合、仕事に対する味方が変わり、より自分のために価値のあることとして、積極的に仕事に打ち込むことができるようになりました。

 

仕事は会社のためでも何でもなくまず自分自身のために行うと言う、自己中心的な捉え方で打ち込んでもいいのではないかという提案です。

 

2.  仕事や業務が学びにつながる事例

もう一度繰り返しになりますが、何気なくやっている日常の仕事の中に学びの機会は本当に多くあります。問題はそれに気づくか気づかないかです。余裕がなかったり、自分の会社はしょぼいと思ってしまうこともあるかもしれませんが、どんな仕事や会社であっても学びの機会は確実に存在します。万が一なかったとしても、今はこれだけの情報や動画そして本もありますしとにかく自分で勉強して、それを勝手にでもいいので仕事に使ってみるという姿勢が仕事を学びにつなげる第一ステップです。

 

仕事や業務が学びにつながる事例

  • 仕事を通じた人的なネットワーク(個人であれば出会えないような人に出会える機会もあります)
  • 上司や先輩からのコーティングや業務のティーチングを通じた業務スキルの習得
  • 先輩や同僚、更には協力パートナー(コンサルティング会社など)が作った資料やプレゼンテーションなどの情報資産
  • 会社から提供される教育(社内研修、社外研修)、OJT

 

仕事や業務を通じて学びたいと思うならば、まずはどこにでも成長につながる機会はあるし、なければ自らがそれを作ると言う心構えを持つか持たないかで次の5年、10年が決まってきます。そこまでしても、もしチャンスがないと感じるならばおそらくその会社はあなたにとっては学びのない会社であり、転職や環境を変える必要があるかもしれません。

 

3. 仕事を通じた自己成長は最大の報酬、そこにこだわるべし

一般的に仕事の報酬はお金と言う考え方ですが、そのお金を生み出す厳選は何かと言われれば、知識であったり経験であったりします。当然ながら他の人と差別化できる知識やスキル経験を持つ人には高い報酬が支払われる傾向にあります。そしてさらに大きな仕事や質の高い仕事を通じて、更に高い知識や経験、スキルを獲得し社会人人生を通じていいサイクルを回すことができるようになります。結果として高いポジションや報酬を得るチャンスも多くなるのです。

 

特に若い頃は目先の給料や福利厚生など目に見える報酬だけではなく、仕事を通じて自己成長が図れる機会を得ることができるかどうか、高い知識や経験、スキルを得ることができる仕事環境か、と言う側面も大切にすべきでしょう。

 

仮に今目の前に厳しく、困難な環境に直面している人であったとしても、その困難や苦しさの中に将来役に立つ自己成長を図る機会が眠っていることも多いです。ですので、苦しかったとしても単に苦しいだけではなくその中に将来の光の眼があると言うことを信じて、何かを自分のために1つでも2つでもいいのでつかむ、そのようなマインドセットで仕事をしていけば、高い確率で皆さんの望むキャリアを築くことが可能になるはずです。

 

仕事で得たスキルや経験を次の一段上がった仕事に再投資する。これを繰り返していけば、誰もが確実に仕事で成長して結果として満足のいくキャリア、収入がついてくるはずです。苦しいのは100も承知で言っていますが、この仕事への再投資なくして成長はないと言っても過言ではありません。その機会を会社が与えてくれるかどうか、これは会社選びで非常に重要な点であり、これを与えてくれる会社があなたにとって良い会社なのです。

 

少し、会社を見る視点を変え、貪欲に学びのネタはないかと意識するだけでいつもの仕事が少し見えてくるかもしれませんよ。そうなったらしめたものです。

-キャリア, 仕事

Copyright© your mentor - あなたのキャリアメンター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.