your mentor - あなたのキャリアメンター

「仕事」×「学び」×「モチベーション」=あなたの充実したキャリア

キャリア モチベーション

仕事のモチベーションが上がる名言⑯ 樋口泰行(パナソニック株式会社 代表取締役)

投稿日:

予測しない変化が訪れることがある。だから、まっすぐなプランだけでがんじがらめになっていたら、困ったことになります。曲がったなら、曲がったことを受け入れればいい。そうすることで新たな発見があったりするんです。

仕事には楽しさももちろんありますが、基本的には厳しいものです。私の場合も、つらい仕事、苦しい仕事がほとんどでした。でも、この経験が、後の大きな糧になっている。それは間違いないですね。もちろん経験している当時は、「どうしてこんなことに」という思いが強かったですけどね。でも、もし自分が心地よいことだけで歩んでいたらどうなっていただろう。ややこしいことは避け、平穏に過ごすことだけを考えていたとしたら、どうだったか。恐らく今の自分はないでしょう。

 

樋口泰行 パナソニック株式会社 代表取締役

 

樋口さんのこの名言、言葉に出会ったのはもう10年以上前になると思います。樋口さんが当時、スーパーのダイエーのCOOとして、経営再建に取り組まれていた時期だと思います。

 

樋口さんのキャリアヒストリーを見てみると、当時の松下電器産業からキャリアをスタートされ、MBAを取得、ボストンコンサルティンググループ、アップルコンピューターを経て、ヒューレットパッカード日本法人の社長、ダイエーのCOO、 Microsoftの日本法人の社長、そして現在ではパナソニックに復帰され、代表取締役を担われています。一見すると、すごく華々しいキャリアです。

 

ただ、樋口さんは過去に「愚直論」と言う本を書かれていて、その中でも述べられていますが、ご本人は口下手で、要領の良い方ではなかったと書かれています。誠実にひたむきに努力で目の前の困難に立ち向かい、一つ一つ丁寧にステップアップされてきたと書かれています。最終的に努力は人を裏切らないと言うことを示してくれる方です。

 

私もこの本を以前に読みましたが、努力でステップアップしていた典型のタイプですごく好感を持てました。

 

樋口さんのもう一つ凄いところは、仮に自分の想定していたキャリアプランから離れたとしてもそれを前向きに捉えて、与えられた環境で努力をし続けられたところです。

 

以前の記事でも書いたのですが、ときには自分が考えていなかったキャリアプランや計画から離れてしまう時もあります。ただ大きな方向性からずれていなければ、その環境で努力し続けることで新たな可能性にであったり、新たな自分の興味にであったりすることもできます。

 

関連記事
キャリアを創っていくということ

皆さんどうもこんにちわ。Taka(@taka_learnwork)です。 今日は、このブロブのメインテーマである「キャリア」プランについて、話をしようと思います。   目次1. キャリアは自 ...

続きを見る

 

今の時代、なかなか愚直と言う言葉に魅力を感じない人も多いかもしれませんが、愚直にやり続けた先に本物の成功や本物のキャリアがあると思いますし、これが結果的には 最も確率が高い成功の道なんだと思います。

 

樋口さんの名言にもいつも勇気をもらっています。

 

 

-キャリア, モチベーション

Copyright© your mentor - あなたのキャリアメンター , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.